アメリカ留学 フロリダ エンジニア 漫才

アメリカ留学生のお話をご紹介します☆

語学留学・アメリカ留学を志す方は内容必見です(^‐^)

> ・その他(現地の体験談など)
僕は現在フロリダ州に滞在している25歳のエンジニアです。
婚約者はポルトガルとアメリカのハーフ。
小さいころから日本とアメリカを行き来していて、アメリカで合計13年間すごしました。
テネシー、そしてペンシルバニア州にも滞在したことがあります。

> ・英語とは?
初めて来日したのが六歳のときだったので、英語は第二母国語として身につきました。
その代わり文法知識はゼロ。日本での英語授業は勘でやり過ごしてきたので、
勉強方法などについてはあったく力に慣れません。

「正しい英語」を勉強するにあたって必要な教材、学校は日本に十分そろってます。
対外の試験対策には困らないでしょう。ですが、役に立つ日常、
そしてプロフェッショナル用の英語というのは留学しないと身につきません。

まず理解すべきことは、「正しい英語」は書類上のみ存在するものであるということ。
アメリカ人というのは、イギリス人だったり、フランス人だったり、インド人だったり、
中国人で会ったりするわけで、それぞれ独自の英語を活用しています。
純粋なアメリカ人だって、宗教、人種、地域でそれぞれの文法、また発音を使ってるので、
統一された英語なんてありません。必要なのは、その混雑した文化の中で自分を表現でき、
相手と対等に情報交換ができる能力。文法はその中のほんのわずかに過ぎないわけで、
個人的な意見を述べると、ユーモア、そして間違ってもいいからとにかく
積極的に話しかける志、といったもののほうがよほど重要な要素になります。

また、いくら発音がよくてボキャブラリーが豊富でも、
話す内容がなければ何の役にも立ちません。英語を活用したいのなら、
自分の人格をはっきりさせる必要があります。
自分の趣味、そして興味がある事を徹底的に英語で学びましょう。
映画、本、音楽、スポーツ、政治、経済・・・何でもいいのです。
自分の意見をハッキリ言えないと、どうしても会話の輪から外されるのが落ちです。

そして、一番大切なのがユーモア。大学生活においても、ビジネス会議でも、
女を引っ掛けるにしても、ユーモアなしにはできません。
英語をマスターしたかどうかってのは、トフルの点数より、
アメリカの漫才を聞いて笑えるかどうかで決まります。

> ・アメリカ留学で良かったこと
一言で言うと、「自由」。とにかくやりたい放題。
自分の情熱を思う存分追求したいのならアメリカしかないでしょう。

才能が持ってて、努力さえすればどんどん道が開いていきます。
日本でよく見る「出る釘は打て」といった概念はまったくありません。

また、探せばいくらでも金があるってところも魅力的です。
大学四年間、そして大学院2年間、授業料を払った覚えがありません。
院生になると給料までもらえて、完全に自立できます。

> ・アメリカ留学の不便なところ
日本は社会性を重んじる文化;アメリカは個人性を重んじる文化。
その違いになれるのには時間がかかります。
消極的な性格だと、アメリカ留学は何かと不便でしょう。
常に自分をアピールしていく必要があるため、色々としんどいです。
また、成果が出ないとすぐに打ち切られる傾向があるので気をつけましょう。
基本的に弱肉強食社会ですね。

アメリカは書類(paperwork)で成り立っている社会です。
契約、書類はきちんと目を通しましょう。逆をついて言えば誰も信用できない社会なので、
気をつけないと色々トラブルにぶつかります。書類、手続きは早めに提出するのが原則;
とにかく量が多いので何事も時間がかかります。
医療費が3ヵ月後に郵送される場合もありました。

アメリカは車社会です。New York, Boston, Chicago, 以外の地域に住む場合は
たいてい車が必要です。車がないととても不便。買出しすら困難です。

カルチャーショックは避けられません。
少なくともsex life,宗教、そして麻薬については最低限の情報収集が必要です。
地域によって差が激しいので、現地に住んでる人たちに聞くのが一番なのですが、
正確な情報を得るのは困難でしょう。

留学期間が短いのならそれほど問題ないのですが、僕の場合日本に帰る機会が少ない、
といった点がとても不便です。結婚式、葬式、などに出席できないのはやはり心残りです。

> ・留学して自分が変わった点
これはアメリカに限ったことではないのですが、留学するととにかく視野が広がります。
日本に住んでると、周りが全員日本人なのでどうしても生活習慣が狭まってしまいます。
それがよいか悪いかはハッキリしませんが、
アメリカに渡って自分の可能性が広がったことはたしかです。

以上、今回のアメリカ留学生のお話は如何だったでしょうか?

アメリカ留学生の体験談を読めば読むほど、きっと見えてくるはずです。

大切なのは、気持ちと行動力です。

アメリカ留学の体験談で投稿してくれている留学生の気持ちを肌で感じ
取ってみて下さい。

いまいちピンッとこない場合は、別のアメリカ留学体験談を自分が納得
するまで読んでみて欲しいです。

自分が納得するまで、見返してみること。ここで挫折するようじゃアメリカ留学
出来ないといっても過言ではありません。

生徒のみんな、みんなも気持ちだけはしっかり強く持つように!
ホームワーク忘れないでね♪

最後にこの場を借りて、投稿して下さったのアメリカ留学生の方に
感謝の言葉を送りたいと思います。

この度は、ありがとうございます。今後ともよろしくお願いします!


アメリカ留学のトップページへ戻る。

海外 アメリカ 留学 ブログ アメリカ フロリダ 留学
アメリカ留学 フロリダ エンジニア 漫才(今ココです。)

海外 アメリカ 留学 最新記事

 アメリカ留学TOPページへ



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。